音楽のチカラを信じてる

いつもあなたといたいから。偉大なミュージシャンとその音楽を永遠に記憶しておく場所です

ジェリクルソング - ミュージカル“CATS”劇中歌

ミュージカル「キャッツ」を見に行ったので、サントラをヘビロテです。

 

私は“Memory”よりもこの曲、

Jellicle Songs for Jellicle Cats!

 

この冒頭の音を聴いただけで、これから始まる最高のエンターテインメントを予感してわくわくするし、

猫全員で歌うコーラスは鳥肌。(さらには涙目。)

 

歌とダンスに感激しっぱなしでした!

何度でも見たくなりました〜\♡/

 

ミュージカルCATS 02 ジェリクルソング - YouTube

 

 

 

ここからは完全に蛇足。

 

 

エンターテインメントとして大感激してはいたのだけど、実はこの物語の根本的なテーマが私は理解できなかった。

 

どうも、あの「Memory」の歌詞がキーのようなので、原語の歌詞といろんな訳を見てみた。

 

ふむなるほど、過去の思い出の中にこそ幸せを見て、その思い出を胸に再起を誓って明日を迎えようという意志が見え、それこそがこのミュージカルの主題なのだな、とは思った。

 

グリザベラは、過去の思い出に縋る寂しい人(あ、猫)なだけではなかった。

ちゃんとそこにある幸せを見出した。

だから救済されたのだ、という解釈。

 

 

それでも私はまだすっきりとしなくて、翌日1日かけて色々と調べてたけど、

たぶんこの物語は、理解できないんだろうなという結論になった。

(そこに至る思考は細かく書いてたらほんとに長くなったので、割愛。)

 

 

それだったらもういいや、

この圧倒的なミュージカルのエネルギーとエンターテインメント性だけに感激していればいい、と思ってる。

 

いくらモヤモヤしてたって、

「凄かった!また見たい!」

という思いが9割心を占めてるんだもの。

 

 

てことで、この曲は最高。

Prologue: Jellicle Songs for Jellicle Cats

Prologue: Jellicle Songs for Jellicle Cats

  • アンドルー ロイド ウェバー & Original Cast of "Cats"
  • サウンドトラック
  • ¥250