音楽のチカラを信じてる

いつもあなたといたいから。偉大なミュージシャンとその音楽を永遠に記憶しておく場所です

Nightmare - SHINee 祝100記事記念

このブログを開始してから、1曲入魂で記事にしてきた、偉大なミュージシャン達。

 

今回で100人目になります。(たぶん。)

 

今日は満を持して登場させます。

SHINee!シャイニー!しゃいにー♡

 

思いが溢れ過ぎて、これまで書けないできた、大切な私のアイドルでございます。

 

最近書いた、UAとか真心ブラザーズとか、過去に書いたブランキージェットシティとかモンドグロッソとか、

私の音楽遍歴的には対極にいるような、アイドルという存在。

 

「アイドル」のイメージを、私の中で180度変えてくれた存在が、SHINeeです。

 

 

夏のある日、たまったま入ったHMVの店頭で、

このジャケットが目に付いたのが運命。

 

f:id:joniko2:20191122105651j:image

 

韓国のアイドルグループのジャケットがこれって。

メンバーが描いたんだって。

 

 

試聴機で、聞いてみた。

 

私がいちばん最初に聴いたSHINeeの音楽、

Nightmare

Nightmare

Nightmare

 

ぇぇえ、クラブミュージックみたいなやつやないの。

おばちゃん、パラダイス銀河みたいなんかと思って聴いてみたら、ぜんぜん違った!

おばちゃん、クラブミュージック大好物やさかい!(誰だよ)

 

いやなにこれどうしよう。四つ打ちめちゃくちゃカッコイイ…

 

でも、アイドルのCDなんてまさか買わない。

 

とか思って店を出たのだけど。

 

何か月経っても忘れられないわけ。

 

あのかっこいい音楽、なんていうタイトルだっけ…

一生懸命調べて、たどり着いた。

 

The misconceptions of us

SHINee 3集 Chapter 1&2 - 'The misconceptions of us' (2CD) (韓国盤)

SHINee 3集 Chapter 1&2 - 'The misconceptions of us' (2CD) (韓国盤)

 

シャイニー3枚目のフルアルバムだと。

 

 

1度音を聴いて、忘れられない、忘れたくないほどかっこよかった音楽って、

なかなかない経験だと思う。

 

それが私とSHINeeという音楽との出会い。

2013年のこと。

 

 

このブログ、最近の日本の音楽があまり出てこないのですが、その理由はここにありまして。

 

SHINeeとの出会い以降、韓国の音楽シーンが面白すぎることに気付いてしまい、そっちを聴くのに忙しくなってしまったからなのです。

 

 

このアルバムのタイトル、misconceptions。

‘誤解’

 

私が韓国のアイドルにのめり込むのを見て、これまでの友達にも、旦那氏にも、

「どうしたの?」って言われた。

 

私も実は、アイドルなんてって考えを持っていた。

お遊戯会みたいな振りをしながら口パクでハモリもなく、ましてや作曲もしないんでしょ。

 

違います。全然、違います。

 

過去の私みたいな偏見がある人にこそ、騙されたと思って聞いて、知ってみて欲しいです、

SHINeeを。

 

ものすごく面白い扉が開いちゃう、かも。

 

 

まったく語りきれていないので、次回も続きます。

お題「わたしのアイドル」

 

I Am The Black Gold Of The Sun - ニューヨリカンソウル

ミニーリパートンのカバーで、元曲が良すぎるのだけど、Nuyorican Soulのこれはよく聴いた。

このアルバム、BGMとしてもよくかけてたなー。

 

I Am the Black Gold of the Sun (feat. Jocelyn Brown)

I Am the Black Gold of the Sun (feat. Jocelyn Brown)

  • ニューヨリカン・ソウル
  • ダンス
  • ¥250

 

YouTube

 

YouTube見てて、これ最後まで止められなかった!

Grateful Days - DragonAsh featuring Aco, Zeebra

DragonAshが今年のROCK IN JAPANの大トリをやってる映像をこないだ見た。

それがもんの凄いかっこよかった。

 

ライブもかっこいいんだけど、降谷さんが半裸にギター下げて弾くのとか、色気がヤバい。

狡いのは、あの笑顔な!ずるい!!

あんな怖そーなのに、笑顔めちゃくちゃカワイイやん(´Д`)

 

これさぁ。

いくら浮気されたとしても(降谷さんが浮気するのかどうかは知らないけど)、MEGUMIは離さないだろーな、とかぼんやり思ったりした。

 

こんなに長い間一線で活動してきて、

2019年においても忖度なく(!)大トリやるって、かなりすごいと思う。

 

私はDragonAshのファンじゃないけど、ファンだったらきっと一生ついてく、って思うくらい投身できちゃうんだろうなぁ、このバンド。

 

てことで、DragonAshのことを記事にしたくなった。

んだけど、DragonAshの音楽はこの曲しかしらなくて申し訳ない^^;

当時めちゃくちゃ流行ったもん。

やっぱり名曲だと思うなあ!

Grateful Days - ニコニコ動画

 

こんなにも直球に、両親や友だちに感謝する歌詞を、悪そーな人達が素直に歌にしててカッコイイなぁと思ったものだよ。

自分がある程度ちゃんとおとなにならないと、こういう気持ちを思ってても

表現するってなかなかできないから。

 

 

ただ、DragonAshを代表する曲なのかどうかは知らない。

今日は、終始曖昧な知識のまま書ききったな!

Umanamente Uomo: Il Sogno - Lucio Battisti

イタリアのアーティストだそう。

 

大好きなラジオのエンディングに使われていた。

DJの声と一緒に毎日聞いていた、思い出深い大切な一曲。

 

 

f:id:joniko2:20190926234515j:image

f:id:joniko2:20190927000708j:image

 

番組の名前は푸른밤。

日本語で、「青い夜」

DJは、SHINeeのジョンヒョン。

 

リズム - UA

学生の頃、この曲すごく好きだった。

今聞いても色褪せない名曲だと思う!

 

リズム

リズム

  • UA
  • J-Pop
  • ¥250

 

プロモビデオかな?

知らなかった!

 

桜丘のRoomを思い出す(*´艸`*)

 

大沢伸一さんの仕事の中でもナンバースリーには入ると思う。

私の中だけでなく、日本の音楽への功績として見ても!

 

 

「甘い運命」のカップリングだった、「真夜中のギター」という曲のUAのカバーがとても好きで、

元曲よりも好きで、今でもよく口ずさんでる。

真夜中のギター UA - ニコニコ動画

TIMEシャワーに射たれて - 久保田利伸

なーつーかーしーいーーー。

 

先日ふと話に上がって、思い出した。

この人好きだった!

 

中学生の時に、親友の子がどハマりしていて、

アルバムをいくつも貸してくれた。

 

最初に貸してくれたのが、このBaddestというベスト盤で、

1曲目からびっくりして、

私も久保田ワールドにようこそされたんだった。

 

MissingとかCry on your smileとかバラードはいま聞いても色褪せず、好き。

 

f:id:joniko2:20190912090201j:image

 

 

当時日本ではこういう肌の黒い音楽はあまりメジャー路線じゃなかったと思うけど、そんな中しっかりヒットを出して、じわじわと浸透させてくれた彼の功績は本当に大きいと思う。

 

久保田さんの個人事務所に所属している韓国のソウル

サマーヌード - 真心ブラザーズ

今日は、真心ブラザーズサマーヌード

夏の終わりになんかいいかなって。

サマーヌード

サマーヌード

 

1995年だそう。

 

歌詞を覚えるほど聞いてたけど、今改めて読むと、

あーせつない。

 

f:id:joniko2:20190908141332j:image
f:id:joniko2:20190908141336j:image

 

 

不朽の名作とはこのこと。

 

 

2001年の武道館で、よーちとバンザイ三唱した。

 

そのライブですごい覚えてるのが、

桜井さんが「革パン」を履いていることについて、よーちが放った一言。

「なんでこーなっちゃったんだろーねぇ」。

 

桜井さんが、いーじゃないカッコイーじゃない、と返してて。

 

何故このライブをもって活動休止にするのか、

その場にいた全員が、納得したと思うわ。

 

 

彼らのライブに行ったのはその1度だけ。

 

再会している「今」の彼ら二人も見てみたいなと思う。