Nevertheless, I believe in music.

いつもあなたといたいから。偉大なミュージシャンとその音楽を記憶する場所です

Only you -フライング・ピケッツ

今夜は、ウォン・カーウァイの“天使の涙”を観た。

f:id:joniko2:20210902003818j:image

 

懐かしかったー。

全員猛烈にタバコ吸ってるのとかすごい好きだった(そこ?)

 

今見ると、全然中身ないんだけど^^;、

当時、映画館で見た時は、それはそれは強烈なインパクトだった。

激しく香港に行きたくなったものだよ。

 

最後のシーンがやっぱり好きだった。

この曲。

 

2人で永遠にバイクに乗っているみたいな印象で覚えていたのに、

今日見直してびっくりしたのは、このラストのシーン、1分もなかった。

 

私ももし作曲家になったら、是非映画のラストで使われて、名シーンとして記憶されたい。

 

 

 

ちょうど香港がイギリスから中国に返還される、という頃で、世の中も香港フィーバーだった。

 

あの時すぐ香港を旅行しておけばよかったとずっと後悔してる。

 

今はもう“あの香港”は、無いんだろな…

 

Only You

Only You

  • The Flying Pickets
  • ロック
  • ¥255

 

男と女 - フランシス・レイ

ダバダバダの、あれ。

男と女

男と女

 

学生の時に60年代のフランス映画にたいそうハマった。

当然「男と女」も見た。

中古屋でいそいそとこのレコードを買った記憶はあるけど、映画の内容はいまいち覚えてない( ̄▽ ̄;)

 

f:id:joniko2:20210831204146j:image

 

アヌーク・エーメの美しさと、60年代の雰囲気♡を堪能した映画だった。

 

この、ファーの襟のコートが欲しくて、高いのに買ったな…4万もしたわ。

 

 

 

男と女といえばこのフランス映画だけれど、

昨日わたしは同名の韓国映画を見て、それでこの曲を思い出したのでした。

 

韓国版の「男と女」、とても良かった。

 

最初から最後までずっと漂うもやもやしたと空気があって、それがリアルだった。

 

けど、2人が会うとその空気にぐわっと熱が入りこんできて、それを感じるのが心地よかった。

 

私には一生訪れなそうな、熱いロマンスを仮体験したわ。

 

 

アヌーク・エーメの方も、今見たらもっとぐっとくるかもしれないな。

Little Green Bag - George Baker Selection

 

ビールのCMでかかるたびに嬉しくなる曲。

ゴキゲンな気持ちになる。

 

Little Green Bag

Little Green Bag

  • ジョージ・ベイカ
  • ポップ

 

 

映画レザボア・ドッグスのオープニングは忘れられないよね。

 

「オレMr.Pinkはヤダ」

「Mr.Brownの方がサイテーだ、ウンコの色だ」

 

茶色のクレヨンを見る度に、このくだらない会話を思い出してしまう。

Hyperballad - Bjork

昨日旦那氏がYouTubeでなぜかBECKを検索し始めたのを発端に、古い曲を延々と流すの回が始まった。

 

昔のCD屋さんの話とかして、ラフォーレ原宿の地下にHMVあったことを急激に思い出して懐かしくなったり…

 

とにかく、やっぱり古い曲たちかなり良い。

と確認し合った。

 

 

てことで、今日はビョーク。(BECKじゃないんかい)

音がかっこいいんだよ〜。

 

ビデオも素敵。

 

 

今見て、歌詞を知った。

すごい泣けてきた。

 

Hyperballad -Bjork


We live on a mountain
Right at the top
There's a beautiful view
From the top of the mountain
Every morning I walk towards the edge
And throw little things off
Like car-parts, bottles and cutlery
Or whatever I find lying around
It's become a habit
A way to start the day

 

I go through all this

Before you wake up
So I can feel happier
To be safe up here with you

 

私たちは山に住んでいる
てっぺんに
山のてっぺんからはとても美しい眺め
わたしは毎朝、崖まで行って
そこら辺にある物を投げ捨てる
車の部品とか瓶とかナイフとか先割れスプーンとか
そうして1日を始めることが習慣になっている

わたしはそうしているの
あなたが目覚める前に
そうするとあなたといることがより幸せに感じるの
ここであなたとしあわせでいるために
毎日そんなことをしているの

 

(go throughに耐えるみたいな意味を持たせるのかどうか、どっちだろうと悩んだけど、私は単に、そうしてるって訳した。)

 

歌の主人公の、幸せを守りぬく絶対的な決意と、

どうしようもない孤独が

胸に刺さってきて、泣いてしまった。

Dancing Queen - ABBA

エネルギッシュで自信に満ちていて、いつ聞いても自然と口角が上がって、元気になる曲!

 

 

NHKの番組でこの曲がとりあげられているのを見た。

スウェーデンの国王の結婚披露というか、女王お披露目の式典で、ABBAが招かれ、この曲を歌ったんだって。

 

たしか王女になる人は民間の人で、国民からあまり歓迎されていないムードで、王女様もド緊張だったし、なんならABBAも当時は軽い音楽だと馬鹿にされていたような中で、あえてABBAを呼んで歌ってもらったんだって。

 

この曲をABBAが歌ったら、雰囲気がぐっと変わるのが分かったって、その時の演出家が回想していた。

 

その時の映像がこちら。

中世の仮装をしているけど、それは国王への敬意。最後に陛下にお辞儀をしている。

 

 

信念を持って自分たちの作品を作って届ける人達なんだろうな。

 

ダンシングクイーンはなぜか人々に元気と励ましをくれる力がある気がする。

 

Dancing Queen

Dancing Queen

  • アバ
  • ポップ
  • ¥255

 

CryBaby - Official髭男dism

Cry Baby

Cry Baby



うちの家族が、流行りの「東京リベンジャーズ」を見ていて、アニメは私は見ていないんだけど、

オープニング曲は良いなーと思って聞いてる。

 

1曲の中で11回?も転調してるっていうおもしろすぎる曲。

イムループがテーマのアニメなので、時間を行ったり来たりしているのを転調で表しているらしい。

 

若くて良いね!(´ー`*)ウンウン

 

 

髭男の人達は、Pretenderも良かった。

けどポップ過ぎる感じがして、ちょっと食わず嫌いしていた。

 

CryBabyみたいにおもしろい曲もありそうだから、他の曲も聞いてみようかな🎶

Le Freak - Chic(おしゃれフリーク)

Le Freak (Remastered)

Le Freak (Remastered)

  • シック
  • ディスコ
  • ¥255

 

MVもむちゃくちゃカッコイイ

 

ここに書く曲達は、最初にどこで聞いて出会ったのかというのをたいてい覚えているのに、

この曲はいつ聞いたんだろ?

 

気がついたらぬるりと身体に入っていた音楽。

 

これを機に、もっとChicを聴いてみようと思う。