音楽のチカラを信じてる

いつもあなたといたいから。偉大なミュージシャンとその音楽を永遠に記憶しておく場所です

花いちもんめ - はっぴいえんど

花いちもんめ

花いちもんめ

 

何度も聴いたアルバムだけど、改めて歌詞を見て、今更ながら、びっくりしている。

 

意味を理解してるかはどうかはわかんないけど、歌詞を「面」で見たら、曲の世界が「わー」と来た。

 

この歌詞を読むことが出来て、日本人でよかったなあ、と思った。

 

どこを切り取ってもダメで、歌詞のことば全部が必要。

 

「風をあつめて」でも
「抱きしめたい」でもよかったのだけど、

なんかこの曲の演奏が今日は良くて。

 


作詞:松本隆
作曲:鈴木茂


ぼくらが
電車通りを駆け抜けると
巻きおこる
たつまきで街はぐらぐら
おしゃれな風は花びらひらひら
陽炎の街
まるで花ばたけ

紙芝居屋が
店をたたんだあとの
狭い
路次裏はヒーローでいっぱい
土埃の風の子たちにゃあ
七つの海も
まるで箱庭さ

右手の烟突は
黄色い煙を吐き
左手の烟突は
紅い煙を吐く
みんな妙に怒りっぽいみたい
みんな妙に怒りっぽいみたい

 

 

 

詩人になりたいのだと言っていたある人のことを思って、少し泣いた。